本文へスキップ

大阪府堺市の光明池にある、形成外科・皮膚科・美容医療のクリニックです。

TEL. 072-284-0005

〒590-0138 堺市南区鴨谷台2-1-5 サンピア2番館2F

形成外科PLASTIC SURGERY

ケガ、やけど

 外傷は早期の適切な治療が重要です。特に縫合を要するキズは早く(その日のうち)処置した方が良いため、是非ともご来院下さい。
 スリキズややけどに対して、最近貼りっぱなしの皮膚保護材が流行ってますが、深いキズや感染を生じたものには逆に治癒を遅らせる結果となることもあります。しっかりキズの状態をみながら、適切な治療を選択することが良いと思われます。

キズ痕、ケロイド

 手術がケガなどで生じたキズ痕(瘢痕)は、後にキズの方向に縮むため、ひきつれを生じることがあります。手術でひきつれを和らげることができる場合がありますので、ご相談下さい。
 ケロイドと言われる、キズよりも広がり、硬くもり上がる状態になる場合があります。激しい痛みを伴う場合がありますが、ステロイド剤の注射で和らげることができます。

皮膚のできもの(腫瘍)

 皮膚疾患には、炎症性のものと腫瘍性のものがあります。腫瘍性のものを治療するには、切除などの外科的手術が必要な場合が多いです。特に顔や手などの露出部は、紫外線の影響から年齢とともに悪性腫瘍(がん)を生じる危険性も高くなります。かさぶたや出血を伴うものは要注意ですので是非ともご相談下さい。
 皮膚の盛り上がりで気づく、脂肪組織や筋肉組織の腫瘍もよくみられます。大きなものは、CTやMRIなどの画像検査(他院紹介)を行ってから治療を検討します。

体表の先天異常

 生まれつきの形態異常はさまざまな形で全身にみられます。耳(副耳、耳瘻孔、埋没耳など)、まぶた(眼瞼下垂症など)、くちびる(唇裂、巨口症など)、手足の指の異常、でべそ、副乳、真性包茎など、手術で治療できるものは全て対応しています。

眼瞼下垂症(まぶたの下垂)

 多くは眼科の先生から紹介いただいています。まぶたを上げるだけではなく、整容的にも配慮した結果が出るよう心がけています。皮膚のたるみを除去し眼瞼挙筋(まぶたを引き上げる筋肉)の再固定を行います。両眼瞼を同時に、日帰り手術を行っています。
 術後は腫れや内出血など必発で、落ち着くまで1-3ヶ月かかります。

その他眼瞼の異常

 霰粒腫(まぶたの炎症性しこり)、逆まつげ(内反症)、まぶたの皮膚腫瘍など対応しています。老人性の内反症は、主にまぶたのたるみが原因ですので、横方向に切り取って引きしめる手術を行っています。

腋臭症

 大阪大学勤務時代、「腋臭症・多汗症治療実践マニュアル」を執筆しました。制汗ローション(保険外)やボトックス(保険外)の治療に対処しています。手術治療としては、臭いのもととなる汗を分泌するアポクリン腺を切除する手術(重度の腋臭症には保険適応)にも対応しています。臭いの減少効果は期待できますが、術後の固定や安静が必要なため、十分説明した上で行います。

巻き爪

 矯正療法などで軽快しないもの、慢性の感染をともなって赤い肉塊(肉芽)を生じているものなど、頑固な巻き爪に対してフェノール法という根治術を行っています。また重度の巻き爪に対しては、爪を一度抜いてから下の皮膚(爪床)を整える手術を行います。


バナースペース

坂井クリニック 形成外科・皮フ科

〒590-0138
堺市南区鴨谷台2-1-5 
サンピア2番館2F

TEL 072-284-0005
FAX 072-284-0006
E-mail info@sakai-clinic-psd.com